Special message to the visitors

In this area you can put any information you would like, such as: special offers, corporate motos, greeting message to the visitors or the business phone number.

This theme comes with detailed instructions on how to customize this area. You can also remove it completely.

出会い系サイトのサクラや迷惑メールについての対処法を書きました。

Archive for 5月, 2013

肉体を求めること

恋愛関係を成就したことをいいことに、
とにかく女性の肉体を求めるというアクションを起こす人間は、
多くいるものです。
男性は女性を好きになったとき、
女性の身体をまずは求めます。
これは本能だといってもいいでしょう。
汚いことでも、
やましいことでもなんでもなく、
恋愛関係というものは、
自分の遺伝子を後世に残すために、
セックスというものをするための過程なのです。
しかしながら、
こんな考えは関係ないのです。
女性は男性ほどに、
異性との肉体関係を求めてはいないのですよ。
まったくそういった願望がないのかといえば、
それは嘘になりますし、
年齢によっても、
その欲求の波というものはあります。
ただ結婚適齢期と呼ばれているような、
20代前半から30代前半までの女性は、
そこまで激しい性欲を持っていることはまずないのですよ。
ですから、
恋愛盛りの女性に、
恋愛関係を成就したからといって、
あまりに肉体関係を求めてしまうと、
この人は、
自分の肉体関係だけが目的で、
自分の存在そのものには、
あまり興味がないという風に思われることが多いものなのです神待ち 無料
デートプランの中に、
必ずセックスが入っているという男性は、
かなり注意が必要です。
最悪なのは、
部屋でのデートでセックスのみ。
これは最悪ですから、
覚えておきましょう。

心的負担

彼に心の「傷み」があるのは知っていました。
お付き合いをする寸前にそんな話を聞いたのです。
普通の状態ならば彼と恋愛をするという選択はしなかったと思います。
ただ、彼と沢山の時間を過ごしてきたという過程もありましたし
「傷み」なら私もあると思っていたので割り切りお互いに癒しあうことが出来ればと思い
さほど大事は受け取りませんでした。
彼との関係が始まってから、その傷みについて話をすることは全くありませんでした。
私の中にはしっかりと残ってはいましたので
「そこに触れないように」とも考えていましたし、実際に想像させる言葉さえも使わないようにと思っていました。
心にいつも引っかかりを覚えているような恋愛であったと思います。
彼のせいではありません。
私が勝手に引っかかってしまったことです。
彼の過去に嫉妬をしていたのかもしれません。
彼に傷みという思い出をつけた元彼女に対して思うものが大きすぎたのかもしれません。
私は彼との恋愛そのものに心的負担を感じるようになってしまい、彼との別れを思うようになりました。
彼もまた、私に心を開きってくれることはありませんでした。
「別れようか」
そう切り出すと彼も直ぐに「そうだね」と言いました。
そうして私達はお別れしてしまうことになったのです。

理解者

「愛情って何だろう」
そんな漠然としたことを考えていた当時の私。
そう考えるには理由があります。
その頃、お付き合いをしていた彼は会社のストレスからなのか少し疲労が溜まっているようだったんです。
心が壊れてしまうのではないかと心配するほどでしたし
また本人もかなり辛い状況にあるのだと話をしてくれました。
・・・細かい話はしてはくれませんでしたし不倫ができるサイト聞くわけにも行きませんでした。
ですので、今の私に何が出来るのだろうと思ったのです。
好きな人が困っていれば手を差し伸べたいものです。
しかし事の詳細を聞くわけにもいかない。
私は自分の中で小さなジレンマが生まれるのを感じていました。
そして上のような「愛情とは」なんて考えるようになったのです。
決して彼に‘引っ張られて‘はならないと思いました。
その中で私が考え出した答えは「1番の理解者になること」でした。
何も言わないのならばその沈黙に付き合うこと。
もし、話をしてくれるのであれば真剣にその声に耳を傾けること。
それが今の私が出来る精一杯の愛情だと思ったのです。
そうして私は彼に寄り添い続けました。
彼の問題は少し時間はかかったようですが解決に向かうことが出来てホッと一安心。
その時言ってくれた彼の「ありがとう」
は今でも忘れることはできません。

雑用の仕事をした経験

私は少し前までは派遣社員として働いていました。派遣なので、色々な場所に行く事になります。場所は色々行った代わりに、家の近所での現場で働ける機会は非常に少なかったですね。
その少ない機会の内の一回は、近所の大きな事務所で荷物の移動をした事が有ります。1階には駐車場があり、先方の担当者と待ち合わせをしました。そして先方の指定の作業着に着替えて、中で色々な荷物を運ぶ事になりました。
運んだものは、段ボールですね。何が梱包されているのかはよく分からなかったのですが、番号が書いてありました。その番号は、先方の担当者が分かる暗号のようなものです。そして、番号に該当する場所に運んでいくだけの単純な作業です。
運搬は、だいたいは午前中に行いました。午後は、机の掃除をしたような記憶が有ります。掃除だけではなく、机にパソコンを置いていったような記憶も有ります出会い系サイト優良の探し方
また、荷物を運ぶ際にはその現場の建物に傷を付けると大変なので養生と呼ばれる板などで壁や床を保護していました。それらの運搬や移動なども行いましたね。実働8時間くらいでした。
総合的には、仕事の忙しさとしては平均レベルでした。それにしても、近所でそのような作業ができたのも私の経験では珍しい方ですね。

知人と一緒にカフェを探して街を迷う

ある日私は、昔知り合った知人に会いました。久しぶりにお目にかかりましたね。正直、お互いに外見がかなり変わったと思います。
そして、まずはある店でお昼ご飯を食べました。簡単に身の上話などをして、時間を過ごしました。お昼ご飯の後、どこかでゆっくりと話でもしようかという事になりました。
大変だったのが、このタイミングです。ゆっくりと話をしようにも、お互いその場所には余り土地勘が無いのです。
どこかの居酒屋でも見つかれば良いのですが、あいにく午後1時でした。居酒屋が営業しているはずもありません。お互いに、その場所には何回か来ているはずなのに居酒屋やカフェなどは全く分からないのです。
だいぶ街を歩き回りました。それにしても、カフェというのは意外と見つからないものですね。その日に迷った場所は、東京のど真ん中です。普通に考えると、東京のど真ん中ならカフェの一つや二つ簡単に見つかるだろうと思いますよね。
ですが、いざ探すとなかなか発見できないものです。つまり、その日は東京でカフェを探しても意外と発見できないという事実を発見したという訳です。
そして、ようやくカフェを発見しました。本当に長らく探し回ったので、見つけた時は少し嬉しくなりました。
かくして、私は東京のカフェには余り詳しくない事を思い知ったのでした。

けじめ

私はけじめをつけることにした。
元彼のことが忘れられなくて
吸い出した煙草。
1年以上経つけれど
私はけじめとして
やめることにした。
その理由は
私に好きな人ができたから。
その人は前に煙草は吸っていたが
今はやめた人だった。
その人のことが好き。
もうポイントなし出会い系サイト元彼のことを
思い出したくない。
そのためにも
その人を想うことを許されるけじめを
私は煙草という形でつけることにした。
正直1年以上しか吸っていないから
すぐにやめられると思っていたが
依存度は半端なくて
朝おきていつも吸っていたのに
吸えないということが
どれほど大変で辛いか。
でも
辛い時
いつもあなたの笑顔が頭に浮かぶ。
それで
私は我慢できる。
でも
煙草をやめると太るというけれど
あれは本当だと思った。
私は今まで煙草を吸ってきたぶん
今はチョコレートでごまかしている。
その分
太ってしまうことも知っているけれど
煙草を辞めることに対して
あなたは賛成して
もう少し太ったほうがいいからと
禁煙を進めた。
あなたの言葉もあって
私は頑張って禁煙している。
イライラして
みんなに当たっちゃってるけど
それでも
あなたのためなら頑張る。
一つのけじめ。
元彼を忘れ
前に進むための
けじめとして
私は煙草を辞める。
それが
けじめと言えなくても
私はきっと
辞めたことによって
なにか勇気がもらえるだろう。
あなたに堂々と
一歩近づくことができるだろう。
私が煙草をやめた男だったら
私みたいな人
絶対に嫌だから
私はあなたのために辞める。
「好きな人に合わせて楽しいの?」
と聞かれたことはあるけれど
好きな人が
それで
可愛いと思ってくれるのなら
私は楽しいではなく幸せと思う。
あなたに一歩近づくためのけじめ。
時間はかかるかもしれないけれど
ちゃんと待っててね。