Special message to the visitors

In this area you can put any information you would like, such as: special offers, corporate motos, greeting message to the visitors or the business phone number.

This theme comes with detailed instructions on how to customize this area. You can also remove it completely.

出会い系サイトのサクラや迷惑メールについての対処法を書きました。

Archive for 6月, 2013

お金持ちがモテるのか?

お金持ちがモテると思っている男性は多いと思います。
お金を持っているということは、お金を生み出すことができる実力というものがあるということになりますよね。
給料というのは、その人間に対しての評価ですよね。
つまりは自分の仕事の能力であったり、実力というものを正当に評価されている結果です。
ということは、そのために目標を設定し、それにむけての努力というものをすることができる男性ということなんです。
お金を生み出すまでの過程で、しっかりと努力というものをして、それらの実績や経験というものが、その人間自体の魅力となっているのです。
つまりお金持ちだから恋愛対象にされるわけではありません。
たとえば、お金というものを持っている家に生まれたとか、宝くじや競馬などで一発当てたというようなお金持ちでは、女性としては魅力が高いとは思ってはくれないのですよ。
しかしながら、実力のあるお金を稼ぎ出すことができる能力のある男性というのは、お金の使い方というものがシビアであるという特徴もあるのです。
ですから付き合ったからといって、女性も自分のために多大な費用を使ってくれるかといえば、そうはうまくいかないのですよ。
男女ともに金銭感覚が大事であるということ。
そしてお金を作り出せる能力がある男性を恋愛対象にするということなのです。

中心

幸せという事を考えてみた時、
恋人が居る場合は、先ず相手の幸せを思うでしょう。
その当時の私もそうでした。
彼と一緒に居るだけで私は幸せだと考えていたので
私が彼に何かをする事によって、彼に幸せを感じてもらえたらと思って居たんです。
実際に、そのように動いていましたし。
彼は当初は喜んでくれていましたし、よく「何時もありがとう」なんて言葉もかけてくれていました。
しかしLINE友その言葉は付き合いが長くなると同時に減っていきました。
そして何時からか、私が何をしても当然と言う顔をするようになったのです。
私自身、見返りを求めていたわけでは無いのですが
そうした顔をされてしまうと、私だって腹立たしく感じますし、どこかで「損した気分」
にもなってしまうものなんですよね(苦笑)
その頃からでしょうか。
自分の幸せというものを時には真ん中において考えてみるのも良いのでは無いかと思うようになったのは。
いつもでは、ただの自己中心的な行動になってしまいますが
たまには自分を真ん中に置いた幸せを考えてみても良いと思うんです。
そうして私は少しずつ自分が心地よくなる環境を考えるようになりました。
と、どうじに彼に対して施す割合が減ってしまうので最初は彼と衝突したりもしましたが
何とか関係は安定させることが出来ましたし私自身も幸せを感じられるようになりました。

レザークラフト

 私はレザークラフトを手がけており、革による豪快なタペストリーやかわいい小物などを作っています出会い男女が集まるサイトもともと刺繍やパッチワークなどの手芸が好きでしたが、あるとき革細工と出合い、革の魅力にとりつかれました。作り初めてから1年もたたないうちに、ある美術展に出品したところ、思いがけず入賞し、革工芸は自分に向いているのかもしれないと思いました。
 作品は、まずスケッチブックにアイデアを描くことから始まり、型紙をとって革を裁断、レリーフ、色付け、水でぬらしながら曲げていきボンドで貼り付け、最後に磨いてつや出しと、かなりの工程を経て生まれます。1点作るのに短くても1ヶ月、大きなものになると3ヶ月以上かかることもあります。
 現在は口コミで多くの注文を受けるようになり、バッグや名刺入れ、トレー、ペン立てなどの小物を多く作るほか、3月はレザーのお雛様、5月はかぶとが人気です。
 革の魅力は、何となくあったかい感じがするところです。革は割れないし破れないし何でもできるので、奥が深いと思います。だから逆に迷うことも多いのですが、好きだから今まで続いてきたのだと思います。もちろん、家族の理解や協力、周囲の皆さんの応援があったおかげと感謝しています。
 

頑張れ

公私共に忙しくしていた私。
そんな私の周りの友達は「頑張れ」といってくれていました。
そう案じてくれるのも・背中を押してくれるのも私にとってはとても嬉しいことでしたし
感謝もしていました。
そんな中で1人だけ私に「頑張れ」を言わなかった人が1人居ました。
それが男友達です。
彼は私に「頑張れ」ではなくて「無理するなよ」と言いました。
頑張れと背中を押してくれる言葉も素敵ではありますが彼の言葉の中には優しさが溢れているように感じましたし
無理をしなくても良いと思わせてくれる一瞬の安らぎを感じるような言葉だったんです。
ついつい渡し人の話を聞いていると「頑張って」と声を掛けたくまるのですが、
その限りでは無いんだなあ〜・・・と思いました。
それからというのの、私は彼と一緒に過ごす時間が増えて行きました。
何せ忙しくしていたのでセフレ早々簡単には会えませんでしたが
少しでも時間が出来れば彼に会いたいと思うようになっていたのです。
それが自分自身で沸いてきた恋愛感情であると知ったのはそれから暫くしての事でした。
友達としてやってきた分、戸惑いはありましたが私は彼に思いの全てを話しました。
彼は真剣に話を聞いてくれて
真剣に考えてくれたようです。
そうして私と彼は、恋人として一緒に歩いていくことになりました。