私の高校時代は、たくさんのメール友達と交流を持ち、悩みを打ち明けたりしたものです。
顔も形もわからない友達ですが、だからこそ話せることもあり、彼らにだけ打ち明けられることも数多くあったのです。
次第にそのメール友達に恋心を抱き、勇気を出して好きと伝え、お付き合いさせていただくようになりました。
しかし、実際に顔も見たことがない人です。

そのような人とお付き合いをするというのは周りから見てもおかしいのではという考えがありました。
それでも携帯電話だけで行うお付き合いは2年ほどありました。
その間、この携帯電話だけでの恋愛は恋愛と呼べるのかと思ったりもしたのですが、時は止まることなく流れ、やがておのずとこの恋愛は終わったのです。

メール友達とは何か、別れた後にいろいろと思考をめぐらせて見ましたが、変だという結論しか出ませんでした。
携帯電話上の恋愛は、しょせんおままごとのようなものであって、恋に恋しているようなものです。
本当の恋というのは、現実世界でしかできないと考えています。