インターネット上には色んなサイトが氾濫していますが、それらの中にメル友サイトが存在します。メルはメールの事なのでメル友サイトとはメールのやりとりを行う友人達のサイトという事です。さて、友人と言えば通常は男同士か女同士と思いがちですが、今の世の中では男女の間でも友人の感覚があるようです。

なので異性同士が友人としての交際をすることに対して全く不自然な感覚はありません。潜在的な部分ではそれぞれが性を意識してしまいますが表に出てくるのは友人としての会話でありメールなのです。そして友人という言葉に対して人それぞれ様々な感覚を有しているので友人という言葉を簡潔に意味づけてしまう事はできません。

例を挙げれば顔見知りくらいの間柄でも友人と考える人もいるだろうし、毎日昼食を一緒に食べている会社の同僚の男性社員と女性社員の間柄でも友人感覚があると思います。ではメル友の場合はどうなのでしょうか。実はメル友の間柄というのは顔を見ながら言葉を交わすのではないので正直言ってどれくらいの関係の友人なのかははっきりしません。

片方がメールで、こんにちは、ご機嫌いかが?ところでこのあいだ面白い事がありました…、と近頃の様子を書き、メールを読んだ相手はそれに答えて、有難う、おかげさまで私も変わりなく元気に毎日過ごせています。面白い事があったのですね…、と返します。これがそれこそ面白い事にこれが相性の良い男性と女性のメールのやりとりではこのようなメールが徐々に相手の性を気にしだす事があるみたいなのです。つまり徐々に情が移るのではないでしょうか。この人と結婚したらいつも楽しい生活になりそうだなどと相手との恋愛や結婚を考えるようになる事もあるかもしれません。