インターネット上のメル友サイトを利用して相手を探してメールを送信して、返信メールが返ってきてまたそれに対してメールを送信する。これが繰り返されればもう立派なメル友です。でもやりとりの中で相手の誘導尋問のような質問に真面目に回答し続けるのは慎重になるべきでしょう。

メル友サイトは悪意を持って利用しようとすればそれがある程度できてしまうという事を心に刻んでおくべきでしょう。メールには何でも書けますから最初から最後まで全部嘘を並べ立てる事もできるし、相手の個人情報を聞き出そうと思えばあの手この手で答えさせてそれを悪用する事もできるでしょう。つまり知らぬ間に巧みな話術にだまされて個人情報が漏れているかもしれないのです。

特に人を信用しやすくて疑う事を知らないような人はこのような手口に騙される可能性が高いといえるでしょう。そしてメル友がお金の事を話題にするようになったら特に注意してください。もちろんの事ながら自分のほうからお金の事を話題にするのは止めたほうがいいと思います。眠っていた子を起こすような事になってしまうかもしれません。

実際の友人同士でもお金の貸し借りをしない人が多いのは、それが理由で友人関係にひびが入る事があるからに他なりません。ましてや最近知り合ったばかりの顔も知らないメル友が相手となれば尚更の事でしょう。もしすごくウマが合って関係がうまくいっているようなメル友であっても金銭に関係する事が絡んでくるようであれば即座にメル友の関係を断ち切ってしまったほうがいいと思います。メル友に金を貸すなどありえません。