メールの使い方は人それぞれだと思います。好きなように使って統一されていないのが当然になっています。メル友の場合、ほとんどの人は深刻ではなくたわいのないような会話や、約束の日時の確認に使うことが多いです。もし大切な話がある時には、直接会って話したいことがあるから、と伝えるのが普通ですが、そのメールに大切な話しをいきなり書いてくる人もいるようです。

これはちょっとマナー違反になるのではないでしょうか?携帯電話のメールはとても便利なツールではありますが、便利な機能に頼ってしまって、大事な内容を省いてしまうこともあります。メールの絵文字や顔文字にいろいろなものがありますから、普段から絵文字を使っている人には普通のことかもしれませんが、例えば結婚や引っ越しなど、人生の中で大きな行事やイベントのことをメールや絵文字で送られてくると、軽々しく扱われているようにも受け取られてしまうかもしれません。

大事なことは直接会って話してもらいたかったと思う人もいるでしょうし、会うのが無理なら電話で直接話すのが常識だと思う人もいるようです。そして絵文字や顔文字にもある「ごめんなさい」の謝りの言葉ですが、絵文字だけの人もいるようです。謝ることは誠意を伝えることですが簡単に済まされると、気持ちは伝わりません。相手に失礼になることは覚えておいてほしいことです。

メールは用件を伝えるには便利ではありますが、電話で話すよりは軽い扱いになります。メル友になった相手とは、そういった認識を伝え合っておいたほうがいいでしょう。認識にズレがあると誤解を生みやすいのです。せっかく仲良くなれたのが誤解のメールで終わってしまうのは残念なことです。なるべく似たような認識を持っている人とメル友になれるとうまく続くことでしょう。