結婚というものを考えたとき、独身の人間であれば経験がないわけですから、いろいろなことを想像し、心を踊らせたり、逆に不安なんてものを持つものですよね?

世間一般の独身の人間が、結婚に関する不安というもので、一番大きく思っているのはどういうものでしょうか?

堂々の第一位は、親戚づきあいというものですよ。

やはり、恋愛とは違い結婚というものは相手の家族と自分の家族というものがつながることになるわけですよ。

家族同士のつながりというものはとても大変なことです。
恋愛相手自体との関係は良好でも、そこにはさまざまな人間がいるわけですから、恋愛相手方の人間の中で、どうしても合わない人間なんてものは出てくる可能性があるわけですよね。

それがなかなか会うことのない人間であれば問題はないのですが、義父や義母、さらには義兄弟なんてものであれば、嫌でも顔をあわせる機会が増えるわけですよ。

この身近な親戚と合わないなんてことになると、それはもう大変。

こんな場合には、パートナーである自分が相手のフォローをしてあげるようにし、味方で在り続けるというような姿勢を見せることが大事になってくるのですよ。

これは非常に大事なことです。

本人同士がよくても、その周囲の人間が合わないということで結婚生活に支障をきたす場合も多く見られるのですからね。